このページはJavaScript対応のブラウザでご覧ください。

アレルギー情報

allergy_title

食べ物は、私たちの体が成長し、毎日元気に過ごすためになくてはならないものですが、栄養としてとった食べ物が人のからだにプラスに働かず、マイナスに働く場合があることがわかってきました。それがアレルギーです。

アレルギーは、何かを食べた後すぐ症状が出る場合と、1日か2日くらいたってからでる場合とさまざまで、ジンマシン、かゆみ、腹痛、下痢、喘息、鼻づまりなど色々な症状があります。

原因となる食品は卵、牛乳、魚、肉などのほか、米やそば、野菜、果物など人によってさまざまです。

アレルギーのある人は、何が原因かまずきちんと確かめることが必要です。食べると必ずでる場合、体の具合が悪いときにでる場合、他の病気がある場合などいろいろあるので、お医者さんとよく相談して、栄養のバランスを欠かないよう、上手に食品を組み合わせて食べましょう。

allergy_img

表示したアレルギー物質は、すべての原材料を精査し、皆様にお知らせするよう努めております。

アレルギー物質の多少に関わらず、すべて表示していますが、調理中などに他の原材料が微量混ざる場合があります。

アレルギー物質を含む食品に対する感受は、個人によって大きな差があるため、このデータは一つの目安とし最終的な判断は、専門医師にご相談されることをお勧めします。

【お知らせ】食物アレルギーへの対応についてPDF

11月のメニューすべてのアレルギー情報PDF

12月のメニューすべてのアレルギー情報PDF